Webライターは稼げない?Webライターで月5万円稼ぐ方法をご紹介!

札を広げた女性

新型コロナウイルスの影響により、本業だけではなく、新しく副業を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「Webライター」の需要が高まっています。

しかし、

Webライターって稼げるの?

Webライターで稼ぐにはどうしたらいいの?

と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では Webライターは稼げるのか・どうやって稼いでいけばいいのか、Webライターとして月5万円稼いで行く方法について解説します!

自分自身もWebライターを本業として、子育てしながら毎月30万円以上稼いでいます。

コツを掴めばWebライターで、毎月5万円稼いでいくことは可能ですので、これからWebライターを始めようか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

Webライターって稼げないの?

カフェラテとPC

副業を始めようとしている方の中で、

「Webライターは稼げないからやめた方がいい」

「初心者がWebライターで稼ぐのは文章力が必要だから時間がかかる」

といったコメントをよく目にします。

しかし、Webライターはコツさえ掴めば初心者でも、比較的簡単に稼ぐことができます。

特にライターと言われると高い文章力が必要になるのではないかと、考えてしまうのではないでしょうか。

実際には、クライアントに希望するテーマをWeb上で執筆するため、文章力が必要とされないことがほとんどです。

文字単価の高い案件に関しては、SEOライティング技術が必要とされますが、別記事を執筆しながら十分学んでいけます。

Webライターの報酬決定要因は「文字単価」

エンジニアや動画編集業では、要望を満たした成果を納品することで報酬が発生します。

しかし、Webライターでは、クライアントが提示する「文字単価×文字数」で報酬が決定します。

そのため、文字単価が高ければ高いほど、少ない労力で高い報酬を得られるのです。

ただし、Webライターとしてはじめたての場合は文字単価1円や2円の案件を受注できる可能性は低いです。

多くのWebライターが0.5円〜1円未満の案件をこなす必要があります。

文字単価を上げるためには、継続して依頼をこなし、実績を積んでいくことが重要です。

つまり、Webライター初心者でも、継続して記事を執筆し、学んでいくことで少ない労力で稼いでいけるでしょう。

Webライターの主な稼ぎ方

PCと積み上げられた本

Webライターの稼ぎ方は、大きく分けて以外3つです。

Webライターの主な稼ぎ方
  1. ブログやSNS経由で仕事を受注する
  2. クラウドソーシングサイトで仕事を受注する
  3. 企業に就職する

ブログやSNS経由で仕事を受注する

Webライターにとって、ブログやSNS経由の仕事依頼は非常に重要です。

日々のブログ更新やSNSでの発信から生まれた仕事は、自身の実績を判断した上で来ることが多いため、大きな収入になるでしょう。

しかし、ブログ経由での仕事依頼自体が少なく、露出度が高くなければ認知すらされないとこが大半です。

また、SNSでの仕事依頼は、大小さまざまな案件が存在しますが、悪質な案件の場合もあるため注意が必要でしょう。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注する

近年、クラウドワークスランサーズなど、さまざまなクラウドソーシングサイトが増えています。

クラウドソーシングサイトを利用すれば、駆け出しのWebライターでも、仕事を受注できます。

専業フリーWebライターの多くはクラウドソーシングサイトで仕事を受注しています。

特に、ブログやSNSで仕事を受注できない場合には、クラウドソーシングサイトは非常に有効な手段です。

実際に多くのWebライターがクラウドソーシングサイトを活用して仕事を受注しています。

また、Webライターとして実績がない方やどのジャンルが自身に合っているのかわからない方にはおすすめです。

しかし、クラウドソーシングサイトに掲載されている多くの案件が0.5円以下の定単価であることが現状です。

そのため、クラウドソーシングサイトで仕事を受注する際は、安すぎる文字単価の仕事はできるだけ控えましょう。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注するコツは以下の記事を全然見てみて下さい!

企業に就職する

Webライターの主な稼ぎ方3つ目として、企業に就職する方法があります。

上記2つの稼ぎ方は、SNSやクラウドソーシングサイトが普及したからてあることが多いですが、以前までは企業でWebライターとして活動する方法が主流でした。

企業にWebライターとして就職すれば、安定した環境の中、記事の執筆方法やSEOライティングについて学べます。

さらに、専業Webライターとは異なり、収入部分も安定しますので、ある程度の失敗も問題ありません。

そのため、しっかりとWebライティングの基礎を身につけたいと考えている方には、Webライターとしての就職は有効な手段でしょう。

Webライターで月5万円稼ぐための方法

PCとマウス

Webライターとして月5万円稼ぐための方法は、大きく分けて以下の2つです。

Webライターで月5万円稼ぐための方法
  1. ブログを開設してポートフォリオにする
  2. 各種クラウドソーシングサイトに登録・案件に応募する

ブログを開設してポートフォリオにする

クラウドソーシングサイトで仕事を受注していく上では、過去に執筆した記事だけではなく、実際に自身が運営しているブログ自体を提示することで優先的に仕事を受注可能です。

特に、良い案件に対しては、1日何件もの応募が届きますので、自分を選んでもらうためには、他者との差別化が重要です。

そのため、自分自身の文章力がどれほどのものかクライアントに示せるように、ブログを開設しておきましょう。

ブログに記事を投稿していくことで、クライアントはブログを見るだけで実力を確認できます。

また、自分自身のブログを執筆する際にレギュレーションは存在していませんので、文章執筆の練習にもなるでしょう。

さらにWordPressでブログを構築・執筆する経験は、Webライターとして仕事を受注していくためには非常に重要です。

WordPressに直接記事を執筆する案件も数多く存在していますので、教えなしにスムーズに利用できる点は、クライアントにメリットとして提示できます。

ただし、継続してブログを運営していくのは非常に難しいです。

そこで、自分なりのルールを設けて、少しでも早く・多く記事を執筆していくことで、仕事を受注できる可能性が高まります。

各種クラウドソーシングサイトに登録・案件に応募する

ブログの開設が完了し、ある程度記事の執筆が完了した後は、クラウドソーシングサイトに登録を行いましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

上記3つのクラウドソーシングサイトは、登録手数料無料・様々なジャンルの業務を受注可能です。

特にクラウドワークスは、業界最大手のクラウドソーシングサイトとなっており、約100万人を超えるクラウドワーカーが仕事を発注・受注しています。

そのため、初めてWebライターとして活動する場合でも、比較的案件を受注しやすいです。

何件かクラウドソーシングサイトで仕事が受注できたら、高単価の案件に応募してみましょう。

文字単価1円・5,000文字の案件を受注できれば、10件依頼をこなすだけで1ヶ月に5万円稼いで行くことが可能です。

さらに実績を積み文字単価・文字数を向上させることで、副業として10万円・20万円以上稼いで行くこともできるでしょう。

また、余裕がある場合はブログも同時進行で更新していけば、ブログ経由で仕事を受注できる確率も高まります。

コツコツ続けていくことで実績とクオリティの向上も期待できるでしょう。

Webライターとして稼ぐ際の注意点

キーボードとカフェラテ

Webライターとして稼ぐ際は、以下3つに注意が必要です。

Webライターとして稼ぐ際の注意点
  1. 複数案件を受注しすぎない
  2. 文字単価1円以下の案件は避ける
  3. 苦手・知見のないジャンルの案件は受けない

複数案件を受注しすぎない

Webライターとして活動して間もない場合は、複数の案件を受注しないようにしましょう。

目標金額を稼ぐために、様々な案件に応募し依頼を受けたとしても、記事を執筆する時間が十分に取れず、クオリティが下がってしまっては本末転倒です。

記事執筆に慣れていない場合や十分に時間が取れないのであれば、受注する案件の数は絞りましょう。

継続して依頼を受注できるクライアントと契約している場合、対応案件を1〜3つに絞り、仕事スピードを上げて、高いクオリティで納品する方が今後のためにも有効です。

クオリティの高い記事を納品し続けることで、クライアントと信頼関係を築き、文字単価交渉もできます。

そのため、今後の報酬アップのためにも、受注する案件はできるだけ絞り、クライアントと信頼関係を築くことを優先しましょう。

文字単価1円以下の案件は避ける

Webライターとして稼いで行くのであれば、文字単価1円以下の案件はできるだけ避けましょう。

全く記事執筆経験がないのであれば、経験として1文字以下の案件を受注することも有効です。

しかし、文字単価0.5円と1円では、トータルの報酬は大きく変わってきます。

また、文字単価1円の案件を受注すること自体はさほど難しことではなく、「ブログ執筆記事」「記事執筆実績」を公開することで、応募した案件を受注できる確率は高まります。

そのため、定期的にブログ記事を執筆し、実績のために案件を受注した後は、積極的n文字単価1円以上の案件を獲得しましょう。

さらに、文字単価ではなく「記事単価」で案件を受注できれば、より効率的に稼いで行くことができます。

苦手・知見のないジャンルの案件は受けない

クラウドソーシングサイトで案件を応募する際は、自身が苦手・全く知見のないジャンルは避けましょう。

例えば、自分が子育てをしていることから、育児関連の記事執筆に強みを持っている場合、全く知見のない仮想通貨の記事作成依頼を受けてしまっては、記事作成までかなりの時間がかかり、クオリティも低い可能性が高いです。

クオリティの低い記事を執筆してしまっては、継続して案件を受注することはできないでしょう。

そのため、自身が得意・知見のあるジャンルの案件を受注することで、スピードも上がり、高いクオリティで記事執筆が可能です。

まとめ

花と白いPC

以上、Webライターの主な稼ぎ方や月5万円稼ぐ方法について紹介していきました。

自分自身に「文章力や表現力はない」と感じている方でも、本記事で紹介している方法を実践することで月5万円稼げるWebライターになることができます。

ブログの更新や案件の対応など、コツコツ毎日記事を執筆していくことで、記事を書くことやリサーチすることに抵抗がなくなります。

安定したクオリティとスピードで記事を執筆できれば、文字単価の交渉も可能になりますので、5万円以上稼ぐことも簡単です。

まずはブログの開設・クラウドソーシングサイトへの登録を行い、案件に応募してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA