【Proクラウドワーカーが紹介】Webライターとしてクラウドワークスで仕事を受注することはできる?月5万円稼ぐ方法を解説します!

パソコンを打つ人

副業でWebライターを考えている方の中には、

クラウドソーシングサイトを利用してWebライターとして活動したいけど、どうやって仕事を受注すればいいかわからない

クラウドワークスを利用してWebライターで安定した収入を得ていくことはできるの?

ちかる

上記のような悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。

Webライターという言葉自体を耳にしたことがある方は多いと思いますが、実際に活動している人や実績を見たことがないため、本当に稼げるのか不安になりますよね。

特に、Webライターの仕事受注先であるクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで仕事を撮ったことが無い方であればなおさら不安でしょう。

しかし、クラウドソーシングサイトで仕事を受注していくことは案外簡単なんです!

副業として5万円Webライターで稼ぐことができれば、大きな副収入になるのではないでしょうか。

コツさえ掴んでしまえば継続的に仕事をとっていくことは全然可能ですので、是非本記事を参考にWebライターとして活動してみてください。

ちかる

当ブログでは、いつも育児に関連する記事を投稿していますが、今回は管理人の本業であるWebライターについて解説していきます。

管理人はProクラウドワーカーとして、クラウドワークスをメインに仕事を100件以上の仕事を受注しています。
これからWebライターとして活動を考えている方の参考になれば嬉しいです!

クラウドワークスとは?

クラウドワークス

クラウドワークスとは、個人・法人にかかわらず、誰でも仕事をインターネット上で受注・発注することができる仕事のマッチングサイトです。

クラウドソーシングサイトの中でも案件数はトップクラスに多く、セキュリティ面が非常に高いのも特徴となっています。

取り扱い仕事内容
  • Webライティング・セールスライティング・ブログ記事作成
  • システム開発
  • ホームページ制作・ECサイト構築
  • デザイン・ネーミングアイデア
  • 簡単タスク・事務作業
  • 翻訳・通訳
  • 3D-CG制作
  • 音楽・音響・BGM

※他にも複数あり

また、クラウドワークスでは、契約完了後に仮払い方式を採用しており、クライアントからの支払いが完了した後に仕事を始めることが可能です。

仮払い方式を採用していないクラウドソーシングサイトでは、契約完了後に記事を納品したとしても、契約金額が支払われることがなく、トラブルが発生してしまう可能性があります。

そのため、クラウドワークスは他のクラウドソーシングサイトよりも安心して仕事を続けることができるでしょう。

クラウドワークスへは、下記から登録可能です。

初心者Webライターとしてクラウドワークスで仕事を受注することができるのか

キーボードとヘッドフォン

初心者でもWebライターとして、クラウドワークスで仕事を受注することは可能です。

記事を書くのが初めての方でも、やる気があれば合格する仕事もありますので「とりあえず応募する」が重要になります。

また、Webライターとして活動する際に「初心者だから」と考えてしまっては、クライアントが仕事を依頼してくれることはありません。

そのため、初めて記事を執筆するジャンル・文字数だとしても、自信を持って依頼しましょう。

Webライターとしてクラウドワークスでうまく仕事を受注する3つの方法

パソコンと手帳

Webライターとして、クラウドワークスで上手く仕事を受注する方法は以下の3つです。

・毎日案件をチェック!コツコツと依頼を受けて実績を積む
・複数のクライアントから信頼を得る
・自分が得意なジャンルを見つけ出す

方法1:毎日案件をチェック!

クラウドワークスでうまく仕事を受注するためには、毎日公開されている案件を毎日チェックしましょう。

ライターの案件は日々20件以上公開されていくため、毎日チェックしなければ良い案件を逃してしまいます。

ライター案件を獲得していくためには、公開されたらすぐに応募することが重要です。

公開された案件にすぐ応募することで、他のライターよりも選ばれる確率が高くなります。

特に初心者ライターは、とにかく早く連絡・対応することで、クライアントに安心感を与えることができるでしょう。

方法2:コツコツ複数のクライアントから信頼を得る

ライターとして依頼を受注するためには、信頼感が非常に重要です。

そのため、コツコツ複数のクライアントから案件を受注していき、クラウドワークス上の信頼を獲得していきましょう。

また、クラウドワークスでは、以下のように自身の受注実績とクライアントからの評価が表示されます。

自身の実績が積み重なれば、単価の高い案件も受注しやすくなるでしょう。

方法3:自分が得意なジャンルを見つけ出す

さまざまなジャンルに対応できるライターも重要ですが、特定のジャンルに特化したライターは重宝されます。

クライアントは、希望のジャンルに対して網羅した記事を求めます。

そのため、希望するジャンルの記事執筆経験あれば、他のライターよりも契約してもらえる可能性が高いです。

また、自身の経験を元に執筆できる内容は、他のライターと執筆内容が被りません。

案件を受注していく中で自身の得意ジャンルを見つけることで、他のライターとの差別化てぎるでしょう。

Webライターとしてクラウドワークスで活動する際の3つの注意点

手帳

Webライターとしてクラウドワークスで活動する際は、以下3つに注意が必要です。

3つの注意点
  1. 文字単価が安すぎる案件は受注しない
  2. 一気に案件を受注しすぎない
  3. どの程度レギュレーションが存在するか確認する

注意点1:文字単価が安すぎる案件は受注しない

クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングサイト上には、様々なジャンル・単価の依頼が存在しています。

Webライターとして活動したての場合、実績が少ないため、1文字0.1円や0.3円の案件に依頼しがちです。

例えば、文字単価0.2円で4,000文字の執筆依頼の場合、2〜3時間で作成が完了したとしても、2,000円-クラウドソーシングサイトの手数料=報酬となります。

このように文字単価が低い案件は、自身の労働と報酬が見合わない場合が多いです。

お試し程度に数回受注するのであれば問題ありませんが、継続的に文字単価の低い案件を受け続けると、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

そのため、公開されている文字単価の低い案件は、極力受注しないように心がけましょう。

注意点2:一気に案件を受注しすぎない

クラウドソーシングサイトに登録したての場合、複数の案件に対して一気に申し込みをしてしまう可能性があります。

Webライター初心者であれば、様々な案件に申し込みしてしまいがちですが、一気に案件を受注してしまうと、執筆が間に合わない可能性が高いです。

専業Webライターであれば問題ない可能性もありますが、副業としてWebライターを行なっているのであれば、案件ごとのレギュレーションに対応できないことが多いです。

そのため、自身が対応できる範囲で案件は受注するようにしましょう。

注意点3:どの程度レギュレーションが存在するか確認する

ライター案件の場合、クライアントごとにレギュレーションが異なります。

レギュレーションとは、案件ごとに定められている規則・禁止事項を指します。

例えば、クライアントによっては「行う」を「おこなう」のように、一部単語をひらく文字で執筆するよう定めていることもあるのです。

常識的な範囲でのレギュレーション設定であれば、通常通り執筆しても問題ありませんが、レギュレーションが多すぎると執筆時間が必要以上にかかってしまったり、思うように記事を執筆できない可能性があります。

そのため、必要以上に細かすぎるレギュレーションが存在している案件の場合、自身の執筆スタイルに適しているか確認してから受注しましょう。

Webライターとしてクラウドワークスで月5万円稼ぐためには

トレード画面

毎月5万円程度であれば、Webライター初心者でもクラウドワークス上で簡単に稼げます。

クラウドワークス上でコンスタントに5万円稼いでいくためには、継続して案件を受注し実績を残す必要があります。

執筆経験が少ない場合は、文字単価0.5円〜1円前後の案件に1日数件は申し込みを行い、2〜4件ほど案件を受注しましょう。

受注した案件は期日に遅れることなく納品し、修正があればすぐに対応することでクライアントからの信頼を得ながら実績を積みましょう。

例えば、1記事文字単価0.5円 5,000文字の案件を5本執筆すれば、1ヶ月に5万円は稼ぐことが可能です。

記事執筆経験が少ない場合は、1週間に1本でも記事執筆を進めることで、スピード・クオリティ・対応力がつきます。

そのため、活動当初よりも文字単価・文字数が高い案件を受注しやすくなり、月5万円の目標に到達しやすくなります。

つまり、Webライターとしての活動を継続することで、実績が上がり評価されやすい人材となるのです。

タスク案件は受注しない

クラウドワークス上には、「タスク案件」と呼ばれる簡易的な依頼が存在します。

ライターのタスク案件は100文字〜500文字程度であることが多く、1ヶ月に何件も受注しても、金額を稼いでくこともできませんし、ポートリフォにできる実績にもなりません。

そのため、ライターとして記事を受注するのであればプロジェクト形式がおすすめです。

まとめ

手帳に書く人

以上、Webライターとしてクラウドワークスで案件を受注する方法や注意点などを解説していきました。

ちかる

Webライターはコツさへ掴んでしまえば、毎月5万円の副収入を得ることもできますし、経験を積めば5万円以上の金額を稼げます!

登録費用や初期費用をかけることなく始められるクラウドワークスのWebライターは、副業を始めたいと考えている方にもおすすめですので、ぜひ検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA