子供の爪噛みの原因って一体何?子供の爪噛みを防ぐための3つの方法を解説します!

赤ちゃんの指
ママ

子供がずっと爪噛みをしているんだけど何が原因なんだろう?

ちかる

言葉で爪噛みをやめさせても、すぐ爪を口に持っていってしまってることがあるよね

ママ

そうなの。どうやったらやめてくれるのかな?

ちかる

この記事では子供に爪噛みを防ぐ3つの方法を紹介していきます。

上記のように、気付いたら子供が爪を噛んでしまい。ずっと噛み続けてしまっていることは珍しくありません。

しかし、原因がわからなければ、やめさせることもできないですよね。

本記事では、多くのママの悩みである子供の爪噛みの原因や3つの防ぐ方法を紹介していきます。

この記事でわかること

子供が爪噛みを初めてしまう原因
子供の爪噛みを防ぐ3つの方法
子供が常に爪噛みをしている場合はどうしたらいいのか

子供の寝かしつけについて悩んでいる方はこの記事もおすすめです!

子供の爪噛みの原因とは

赤ちゃんの指を握る

子供が爪噛みをし始めてしまう最大の理由の1つとして、「ストレス」が原因と言われています。

パパやママが知らないところで子供は日々ストレスに晒されながら生きており、親に叱られた時、学校で嫌なことがあった時などさまざまです。

また、ストレスの中にはパパやママの存在がストレスとして感じてしまう子供が中には存在しているのです。

そして、ストレスの吐口として「爪噛み」として現れてしまいます。

子供のこころは繊細なため、小さなストレスでもうまく発散することはできず、どのように対応したらいいのかわからなくなってしまい、ストレスを発散するのに1番簡単な爪噛みをしてしまうのです。

しかし、子供の中にはストレスを感じていないのにもかかわらず、爪噛みを癖で続けてしまうことがあります。

そのため、親の教育が悪くストレスを与えてしまったから子供が爪を噛むのではなく、たまたまストレスを感じた時に爪を噛んでしまい、癖で噛み続けてしまっている可能性が高いです。

子供の爪噛みを防ぐ3つの方法

爪にネイルをぬる

子供の爪噛みを防ぐためには、以下の3つの方法がおすすめです。

子供と接する時間を増やす
子供に爪噛みがダメな理由を言葉で伝える
爪噛みできないように専用のマニュキュアをぬる

ちかる

子供の爪噛みを直すための正解は存在していないので、紹介する内容を参考に子供にあった方法を試してあげてください。

方法1:子供と接する時間を増やす

子供が爪噛みをしてしまう原因がストレスなのであれば、今よりも子供と接する時間を増やしましょう。

仕事や家事で子供とゆっくり喋る時間が少ない方であればなおさらおすすめです。

上記のように、子供はさまざまなところでストレスに囲まれながら生きているため、溜まったストレスをどこかに吐き出す必要があります。

そこで、パパやママと喋る時間を増やすことで、解決できる可能性が高まります。

寝る前に5分家族で会話するだけでも、子供は安心感を感じることができますし、今日あったことを家族全員と喋るだけでもストレス発散になるのです。

毎日忙しくて子供と接する時間が減っていると感じる場合は積極的にとってみてください。

方法2:子供に爪噛みがダメな理由を言葉で伝える

3歳を超えてきたあたりから、子供は親が話す内容の意味が少しづつ理解できるようになってきます。

単純に「褒められた」や「怒られた」ではなく、具体的に「これをしたからママに怒られた」と感じるようになるのです。

そのため、子供にしっかり言葉で爪噛みはダメなことだと伝えてみてください。

爪噛みをやめさせるために怒っているだけで、ぜひパパとママが怒っているのかがわからなければ、子供が爪噛みをやめることはありません。

しかし、子供の人格を傷つけるような言葉は絶対に使わないようにしましょう。

案外、しっかり言葉で何度か伝えてあげるだけ爪噛みをやめてくれる場合もありますので、小さい子だとしても積極的に言葉でのコミュニケーションをとってみることをおすすめします。

方法3:爪噛みできないように専用のマニュキュアを塗る

子供と接する時間を増やしたり、言葉で何度か伝えたとしても爪噛みを必ずやめてくれるわけではないでしょう。

そういった場合は、爪噛みできないように専用のマニュキュアを塗りましょう。

子供が舐めても大丈夫な成分でできたマニュキュアを子供の爪に塗るだけで、爪噛みをやめてくれる可能性が高まります。

専用のマニュキュアの中には、苦味成分が含まれているため、そもそも爪を噛みたくなくなります。

そのため、自然に爪噛みをやめてくれるでしょう。

おすすめの専用マニュキュアは「かむピタ」です!詳しくは下記記事で紹介しているので合わせて確認してみてください。

子供が常に爪噛みをしている場合は病院に!

電話をかける女医

子供の爪噛みがどうしても治らない場合は、病院を受診してみるのも1つの手です。

そもそも爪噛みは「咬爪症(こうそうしょう)」と呼ばれているため、病院を受診すればしっかりみてくれますしアドバイをもらうことも可能です。

原因が何なのかをしっかりカウンセリングしてくれますので、子供が常に爪噛みをしているのであれば問題解決に繋がるでしょう。

また、

ママ

爪を噛んでいるだけなのに病院にく必要あるの?

といった疑問も出てくるでしょう。

しかし、前述している通り、爪噛みは大人問わず病院で受診可能な内容ですので、心配な場合は病院に行ったとしても何も問題ありません。

まとめ

爪をみる女性
ママ

子供が爪噛みをしていたら病院にいってもいいのね!

ちかる

その通り。爪噛みを常に続けていると、指の爪の大半がなくなってしまって、菌が入る可能性も考えられるから、できるだけ早めに対応して方がいいよ!

子供が爪を噛み始めることを親が自分のせいだと感じてしまう場合も多いのですが、ストレスが行為として出てきただけなので、今回紹介している3つの方法を試せば大半の場合が直すことが可能です。

また、心配な場合は病院受診でも対応ももちろん可能なので、子供と相談した上で合わせて検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA